分散投資とは

| 未分類 |

人が生きていく限りにおいて、お金は必要であり、それは極めて大切なものです。たとえ今は裕福でお金に困っていなくても、将来はどうなるか分かりません。ましてや、今、既にお金に困っているなら、尚更、将来が心配です。ですから人は誰も皆、自分の資産を少しでも増やそうと資産運用の努力をするのです。

そんな時、資産運用の一つの手段として有効なものが投資です。ただ、一口に投資と言っても様々な種類の投資があります。お馴染みの株式や投資信託、或いは外国為替証拠金取引や各種の先物取引など、多種多様なものがあります。もちろん、普通預金や定期預金などの預金商品も、立派な投資商品の一つです。

このように、投資にはローリスク・ローリターンなものからハイリスク・ハイリターンなものまで様々ありますが、大切なことは「どれが良いか」ではありません。どの投資にも、それぞれ長所も短所もあるのです。そして投資である以上、必ず儲かるという保証はどこにもないのです。

故に、できるだけリスクを減らして資産を守ることが大切です。そのための最も効果的な投資方法こそが、分散投資なのです。多くの種類の投資に資産を分散すれば、それだけ危険を回避することができるというわけです。