資産を保有することによって得られる利益にはキャピタルゲイン・インカムゲインの2種類があります。資産を保有するためにには、最初に買わなければなりません。そしていずれは売却することになるでしょう。売却をしたときには、購入したときの価格よりも高く売ることができる場合があります。このときの利益をキャピタルゲインと呼びます。もちろんですが、損をすることもあって、この場合にはキャピタルロスと呼びます。

インカムゲインとは保有しているときにその資産が生み出す利益のことを指します。例えば株式であれば保有していれば配当金を受け取ることができますし、債券であれば利息収入を得られるものがあります。不動産であれば保有していれば賃料収入を得ることができます。これらがインカムゲインと呼ばれます。
何らかの資産を保有して増やそうと思っているのであれば、この両方を狙うことが必要でしょう。片方だけに着目すると失敗することもあります。例えば、不動産のインカムゲインを期待して保有し続けた結果、売却するときに安くしか売却できず、キャピタルロスが大きくなってインカムゲインを超えてしまうと、トータルでマイナスになる事もありますから注意が必要です。