元本保証について

| 未分類 |

元本保証とは、投じた資金が減ることのないものを指します。通常、どのような金融商品にもリスクはあり、価格下落することによって資金が減少することはあり得ます。ですから、保証されたものはないと考えておくのが良いでしょう。あるとすれば銀行預金です。銀行預金では、1000万円までと利息は国が守ってくれますから、資産を減らすことはないと考えられます。それ以外の金融商品には保証がないと考えておくべきです。

保証がないわけですから、場合によっては損失を発生させることもあります。これは当然のことだと考えられるのですが、リスクの大きさは異なっていると考えておくべきでしょう。リスクを抑えれば、ほぼ保証しているような状態に近づけることはできます。例えば、大手企業の債券を保有していればかなりリスクは小さくなります。もしも倒産をすれば損失を発生させることはあり得ますが、例えばもっとも時価総額の大きい企業であれば、倒産する可能性はきわめて低いと言えるでしょう。

ただ、リスクが小さければそれから得られる利益も小さくなりますから、積極的に資産を増やしていきたいという人にとっては適したものではありません。むしろ、リスクの高いもののほうが適しています。