金利の種類と計算

| 未分類 |

金融商品には通常、金利が付いているメリットが生じていますが、その種類は固定と変動の2つが存在しています。固定においては5年や10年などの期間内で利率が一定になっており、上がったり下がったりすることがありません。そのため、固定だと一定期間でどれだけの儲けが出るかの計算を簡単にすることが可能です。

そのため、固定ならば将来の収益を見通せることから、安定運用をしたい場合に好まれる金融商品となっています。しかし、固定の場合には一定の償還期間が過ぎないで売却をしてしまうと何らかのペナルティーが生じることがあります。

したがって、一定の期間は金融商品を保有できるように余裕資金で購入することが重要となります。また、変動においては決まった利率がなく、今後の金融政策の動向によって利率が変化することになってきます。そのため、変動のタイプは今は利率が低くても将来のインフレなどによって、利率が上昇していく可能性があります。将来、利率が上がっていくと予想するならば、変動の種類の金融商品を購入するのも手となってきます。

しかし、思惑に反して利率が下がってしまった場合には、それだけ見返りも少なくなることになります。よって、シニアなどの安定収益を求める場合には固定の種類の方が安心できると言えます。