ポートフォリオとは

| 未分類 |

資産を運用するときには、具体的に何を買うのかを考える事は必要です。日本株であれば、日本の中でも優秀な企業に投資をするということを考えなければなりません。成長する企業に投資をすれば株価も上昇します。また、債券を購入するときにも、発行体の企業を選ぶ事は必要でしょう。このようにして選んでいくと、投資する対象が偏ってしまう場合がありま、これがリスクの増大につながることもあります。

例えば、日本人が良い銘柄を探そうと思ったときには、やはり国内企業ばかりに目が向いてしまいがちです。こうなると、もしも日本全体に何かがあったときには資産の多くを失ってしまうことになるでしょう。

そうならないようにするためには、あらかじめどの地域にどれだけ投資するか、あるいはどのような資産にどれだけ投資するのかを決めることが効果的です。例えば国内株式、国内債券、海外株式、海外債券に均等に投資をするというようにすれば、偏りがなくなります。その割合は難しいところなのですが、あらかじめこのようにして、どの地域のどの種類の資産にどれだけ投資するのかを決めることをポートフォリオと呼びます。経済のマクロ的な視点に基づいて資産を分散させる手法だとも言えるでしょう。