対象の分散について

| 未分類 |

リスクを抑えるための基本が対象の分散です。例えば、株式に投資をしようと思った場合には、一つの企業に資産を集中させるとリスクは非常に大きくなります。いくら安定している企業だからと言っても、集中させるべきではありません。過去には、東京電力は安定した企業で配当金利回りも高いことから購入する人が多かったのですが、もし全ての資金を集中させていれば、現在は大変な事になっているでしょう。万が一のことを考えて、できるだけ多くの企業に分散して投資することが必要です。

資金が少なすぎtあまり多くの銘柄を買うことができないのであれば、例えば投資信託やETFを利用するのも一つの方法として考えておきましょう。これらを活用すれば数千円から数万円くらいでさまざまな企業に投資をすることができます。

株式だけではなくて、他のものに分散するのも効果的です。古典的なポートフォリオでは株式と債券との2種類になりますが、それ以外にも不動産屋コモディティなどを使うのも良い方法です。例えば、国内株式2割、国内債券2割、海外株式2割、海外債券2割、不動産1割、コモディティ1割というようにして資産配分を考え、これにしたがって組み入れ銘柄を選定していけば分散効果を高めることができるでしょう。